• HOME
  • お知らせ一覧
  • 15回大会の優勝者は、2大会連続のプレーオフを制した小宮満莉花選手に。

15回大会の優勝者は、2大会連続のプレーオフを制した小宮満莉花選手に。

小宮満莉花選手

小宮満莉花選手

グアム島・レオパレスリゾートカントリークラブで行われたグアム知事杯女子ゴルフトーナメントも最終日。晴れ間も多くこの数日の中では良い天候に恵まれましたが、前日以上の強い風に各選手が悩まされ、アンダーパーで回った選手がいないという難しいコンディションとなりました。

耐えるゴルフを如何に出来るかがポイントになった大会最終日。ホステスプロの藤田光里選手は3バーディ、4ボギーの73で回り、本大会自己最高順位の5位タイでフィニッシュ、シード獲得選手としての実力を見せました。

初日4アンダーと首位で飛び出した小宮満莉花選手も本日は我慢のゴルフとなり、この日は5オーバー。トータル1オーバーフィニッシュ。先にホールアウトした保坂真由選手とのプレーオフにもつれ込む展開。しかし迎えたプレーオフ1ホール目、セカンドショットをオーバーした保坂選手に対し、フェアウエイから危なげのないセカンドショットで2オンに成功した小宮選手がきっちりとパーセーブ。絶妙なアプローチで尚も食い下がる保坂選手も、パーパットが外れ勝負が決まりました。

優勝した小宮選手は、賞金200万円のほかLPGAツアーの「ヤマハレディースオープン葛城」と「ほけんの窓口レディース」の2試合の出場権を獲得。また、2、3位の副賞であるステップアップツアー「ツインフィールズレディーストーナメント」への出場権は、対象選手上位の荒木美友選手(5位タイ)が手中に収めました。

昨年を大幅に上回る99名がエントリーし、若手女子プロの登竜門と呼ばれる本大会。優勝した小宮選手のツアーでの今後の活躍が期待されます。

年別お知らせ一覧(アーカイブ)

MENU

主催

グアム政府観光局

特別協賛

Leopalace21

協賛

LEOPALACE GUAM